阿佐ヶ谷のマタニティケア(妊娠初期~中期・後期・臨月)/産後ケア専門サロン

salon de eau

サロン ド オー

Salon de eauのこだわり「自然療法」


「ホットこんにゃく」

  • ホットこんにゃく
  • Salon de eauでは、ひとりひとりの体の状態にあった
    「自然療法」をお届けしたいと考えています。

    「こんにゃく湿布」は、自然療法の中でも代表的なお手当の一つです。
    こんにゃくをお鍋で10分間ゆでタオルに包み全身の浄化槽である
    肝臓・腎臓・お腹の上に乗せて内臓を温めます。

    身体は基本的に食べたもので出来ています。普段口にしている食事が私たちと言っても良いですね。

    胃や腸で消化・分解・吸収された栄養素が、肝臓で解毒され全身に
    行き渡り、不要なものが腎臓で濾過され排泄されます。
    その身体を構築するうえで重要な臓器の状態を整えることが「健康」の第一歩だと考えます。

    昔の人はこんにゃくを「腸の砂おろしをする」と言いました。
    こんにゃくが身体の毒素や疲労素、不要物を吸い出してくれるからです。

    このこんにゃく湿布にも、そんな力があります。
    そして3年間 、土の中で育ったこんにゃく芋には、大地の生命力が満ちています。
そのほかのお手当

病の根本は冷えからくると言われます。
Salon de eauでは、必要なところを適度に温め、熱のあるところは気持ちよく冷やす自然療法を行っています。
サロン ド オー
「しょうが湿布」

すりおろした生姜をお湯の中にいれ、生姜のエキスをタオルに染み込ませます。
適度に絞ったタオルを肩や腰に当て10分おきに交換します。毒素や疲労素を取るのに非常に有効です。

「しょうが湯の足浴」

すりおろした生姜をお湯の中にいれ、足をそのまま10分ほどつける。
血行促進・毒素を引きだし疲労素を取ります。

「豆腐湿布」

木綿豆腐を水切りし、すった生姜を少し加え、小麦粉で固さを調整します。ガーゼに包み頭や熱のあるとこに
湿布します。ひんやり感が長く続き、疲労素や老廃物など不要なものと一緒に、体内にこもった熱も気持ち良く
引きだします。